読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浩洋子の四季

古季語を探して、名句・秀句を紹介します。

潤目鰯(うるめいわし)/今日の俳句 ≪第2348号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20161212060940j:plain

 

 

≪2016年(平成28年)12月12日(月)≫(旧暦11/14)
※新聞休刊日

  うるめ焼く人にたのしく皿はあり
                永田耕衣


  火の色の透りそめたる潤目鰯かな
                日野草城


  潤目鰯干す昃りて濃き海を負ひ
                綿引金吾


  うるめ干す路地の続きの魚市
                吉村靖子


  大漁にたゝかれてゐる鰯の値
                鍋島酔芳

 

※ 潤目鰯(うるめいわし)・うるめ。
 ウルメイワシ科の海産の硬骨魚。形は真鰯に似ているが、丸みを帯び、目が潤んだように見える。上部は暗青色。下部は銀白色で美しい。脂肪が少なく、味は淡白で、煮つけや塩焼きはうまくないが、干物にすると美味。

【「俳句歳時記・第3巻/角川書店」より転載】


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡