読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浩洋子の四季

古季語を探して、名句・秀句を紹介します。

クリスマス/今日の俳句 ≪第2361号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20161225052559j:plain

 

 

≪2016年(平成28年)12月25日(日)≫(旧暦11/27)


  幼よりクリスマスカードがんばって
                松本米子


  赤き花花舗にあふれてクリスマス
                伊藤セキ


  老妻のなにかやさしくクリスマス
                藏本博美


  クリスマス大道芸に沸く広場
                藤本章子


  美しき地下路線図やクリスマス
                太田寛郎

 


※ クリスマス・降誕祭・聖誕生節・聖樹・聖夜・聖歌・聖菓。
 12月25日、キリストの誕生日。ただし実際にいつ生まれたかは不明。ヨーロッパにおいて土俗の冬至の祭と習合したもの。前夜をクリスマスイブといい、子供たちはサンタクロースに贈り物を入れてもらう靴下を枕元に吊り下げて寝る。翌25日、協会では聖樹を飾り、聖歌を歌ってキリストの生誕を祝う。家庭でもクリスマスツリーを飾ったり、カードを交換したりする。

【「俳句歳時記・第3巻/角川書店」より転載】

彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 


       ※☆*わが友に贈る*☆※


  次代の広布を担う
  創価班・牙城会の
  大学校生が弘教に全力!
  断固と自己に打ち勝ち
  限界突破の歴史綴れ!


2016年12月25日

 

       ※☆*寸 鉄*☆※


 「対話」から「希望」生む創価の運動を賛嘆―識者新たな歓喜生む語らいを
      ◇
 妙法を唱える人は全て変毒為薬される―戸田先生焦らず諦めずに祈り勝て
      ◇
 会館守る会、宝城会の皆様の功労に感謝。広布の城守る陰徳に陽報は燦然
      ◇
 外出や入浴時等、温度差による血圧変動に注意。「前前の用心」で健康生活
      ◇
 携帯を操作しながらの運転は事故の危険6倍に。僅かな油断、慢心を断て

 

聖教新聞:2016年(平成28年)12月25日(日)付】

 

 

      ※☆*名字の言*※


今年も残りわずかになった。振り返ると、さまざまな成果を感じる一方、“あれをやっていれば”“こうしておけば”等の思いがよぎる人もいるのでは

後悔には「やらない後悔」と「やった後悔」の2通りがあり、人は前者の方をより強く感じる傾向があるという。行動すればたとえ失敗したとしても、その経験から何かを学ぶことができるからだ(ダニエル・ギルバート著『明日の幸せを科学する』熊谷淳子訳、早川書房)。悔いのない人生とは「挑戦の人生」ともいえる

群馬の婦人部員が開く音楽教室に、音楽大学を志望する男子高校生がやってきた。受験まであと1カ月。しかも音楽は未経験。しかし“どうしてもミュージカルを演じたい”との熱意に動かされ、指導を引き受けた。200枚もの音楽理論のプリントを3日間で3回読み込むなど努力を重ねた

歌唱の練習も容易ではなかったが、壁にぶつかるたび、彼の良さが生きる方法を探した。受験前日、課題曲を見事に歌い上げる。挑戦し抜いた彼の英姿。婦人の目から涙があふれた。結果は見事合格。今秋、彼は学生ミュージカルの舞台で大役を演じ切った

御聖訓に「一生空しく過して万歳悔ゆること勿れ」(970ページ)と。新しい年へ、新たな心で目標を掲げ、挑戦を開始したい。(江)

 

聖教新聞:2016年(平成28年)12月25日(日)付】

 

彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡