読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浩洋子の四季

古季語を探して、名句・秀句を紹介します。

新年/今日の俳句 ≪第2368号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20161223063432g:plain

f:id:knowinglykunchangtan:20170101063458j:plain

 

≪2017年(平成29年)1月1日(日)≫(旧暦12/4)
※元日


  あをあをと年越す北のうしほかな
               飯田龍太


  新年の山見て居れば雪ばかり
               室生犀星


  新年のなさけに酔ふて父あはれ
               矢野芳湖


  道に逢うて並び入る門や新年会
               山口うたゝ


  今も師に遠く座すなり新年会
               風間ゆき

 


※ 新年・年新た・新玉・年始・年立つ・年明く・年改まる・年来る・年向ふ
 新しい年。一年の始め、あたりの風景も人の心も、一種改まった感じがするのが不思議である。
→初春・小春

【「(合本)俳句歳時記・第3巻/角川書店」より転載】


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 


       ※☆*今週のことば*☆※


  さあ 太陽の仏法で

  人類を照らしゆこう!

  世界の青年と共に

  人間革命の勝利劇を!

  希望の連帯の拡大を!


          2017年1月1日

 

 

       ※☆*寸 鉄*☆※

 

 「青年拡大」へ出発!創価後継の滔々たる流れを。永遠に輝く師弟城を皆で

      ◇
 SGIの人間主義の確立は仏教史の新たな開幕ー博士(ハーバード)。未聞の大哲理運動

      ◇

 「功徳身にあつまらせ給うべし」御書(P1241)。広宣の友に福徳燦然。大確信で進め

      ◇

 恩師の「原水爆禁止宣言」60周年。核兵器禁止条約実現へ民衆の声で後押し

      ◇

 創大が箱根駅伝に再びの挑戦。抜群の団結に注目。我らも使命の舞台で力走
  


聖教新聞:2017年(平成29年)1月1日(日)付】

 

 

      ※☆*名字の言*※

 

時計を見て考えた。“午後11時59分59秒の1秒後は…”。その瞬間は、一日の総決算であり、新たな一日の始まりでもある。瞬間瞬間に、過去の結果が表れ、未来の因が築かれるという冷厳なる事実が凝縮されている

ゲーテの至言に「いつかは終局に達するというような歩き方では駄目だ。その一歩々々が終局であり、一歩が一歩としての価値を持たなくてはならない」(亀尾英四郎訳。現代表記に改めた)とある。実際、右足で大地を踏みしめた時、左足のかかとは浮いている。一歩を刻んだと同時に、次に進む一歩が始まっている

かつて草創の友が「広布の総仕上げ」の真意を質問した時のこと。池田先生は即答した。「言論戦に先駆することです」と。広宣流布とは切れ目のない“流れ”。ゆえに一つの事業の成就は、同時に次なる前進への出発なのだ

小説『新・人間革命』第30巻の連載が始まった。第1章は「大山(だいさん)。書き順で「一人」の「山」と書いて「大山」--我らにとって、仰ぎ見るその一人とは、師匠・池田先生にほかならない

師が“生涯に仕事”と定めた執筆の総仕上げを開始した今日という一日。それは同時に、師弟不二を誓う創価の友が、新たな広布の快進撃に打って出る開幕の時を告げている。  (城)

 

聖教新聞:2017年(平成29年)1月1日(日)付】

 

彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡