読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浩洋子の四季

古季語を探して、名句・秀句を紹介します。

畑打/今日の俳句 ≪第2442号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20170316064448j:plain

 

 

≪2017年(平成29年)3月16日(木)≫(旧暦2/19)


  畑打に藪のかがやく風日和
                 日野草城


  畑打の鍬のかゞやきばかりかな
                 皆吉爽雨


  それでも腹いつぱいの麦飯が畑うつ
                 種田山頭火


  山畑を打つや大きくうつむきて
                 阿波野青畝


  畑を打つ吉野の谷へ俯向きて
                 山口誓子


※ 畑打
 畑を耕すこと。田打ちと同じように畑の土を打ち返し、物種を蒔く用意をする。農夫が畑を耕すのは、春だけとは限らないが、春光うららかな野で鋤鍬をふるう姿には、労苦のうちにも、のどかな明るさがある。

【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】

 


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

 

 


       ※☆*わが友に贈る*☆※


  進学や就職等で
  転入・転出する友に
  真心の励ましを!
  新天地での活躍を
  皆で温かく応援しよう!

        2017年3月16日

 

 

       ※☆*寸 鉄*☆※


 広布後継の3・16。地涌の若人が世界各地で躍動。新たな拡大の好機到来だ
      ◇
 池田華陽会10期が結成。誓いの青春を朗らかに!さあ希望の門開く対話を
      ◇
 「蒼蠅驥尾に附して万里を渡り」御書。仏勅の学会と共に大山の如き境涯へ
      ◇
 「社会のために役立ちた」と考える人が減少と。時代は創価の青年を希求
      ◇
 沖縄の野鳥、東京で目撃。温暖化の影響とも。環守る取り組みの強化更に

 

聖教新聞:2017年(平成29年)3月16日(木)付】

 

 

     ※☆*名字の言*※


「あの人、どうしてあんなに元気なんだろう」。近所で話題の壮年部員は102歳。秘訣を伺うと「毎日、人に会うこと」と教えてくれた

道端で、公園で、スーパーで。出会った人と気さくに話すと、実年齢との差に驚かれることがちょっとうれしい、と笑顔皺が

先日、名古屋市内で行われた聖教文化講演会。日本認知症学会の認定専門医・指導医である脳神経外科医の奥村歩氏は「“リアルの質感”が大切」と語った。ITが発達した現代では、家から出なくても、大半のことはパソコンやスマートフォンで済んでしまう。しかし、それでは刺激が「視覚」に偏る。そんな生活を続ければ“脳がなまってしまう”と

脳を健やかに保つには、「五感」をバランスよく刺激すること。例えば、読書で本を持ち、紙に触れる。メモを手書きで取る。でこぼこ道を歩く。森林で草や木の香りを楽しむ。この“実感”が脳の老化を防ぎ、認知症になりにくくするという。とりわけ、外に出て積極的に人に会うことを氏は推奨する

友のもとへ歩いていく。顔を見ておしゃべりをする。幸福を祈りつつ手紙を書く――人と関わる学会活動もまた、脳を若々しく保つ行動にほかならない。出会いの春。身も心も生き生きと前進したい。(靖)

 


聖教新聞:2017年(平成29年)3月16日(木)付】

 


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡