読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浩洋子の四季

古季語を探して、名句・秀句を紹介します。

彼岸/今日の俳句 ≪第2443号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20170317053750j:plain

 

 

≪2017年(平成29年)3月17日(金)≫(旧暦2/20)


  兄妹の相睦みけり彼岸過
                  石田波郷


  月山の山ひだ深き春彼岸
                  有馬朗人


  遠浅の海おそろしき彼岸かな
                  岩下四十雀


  ぜんまいをねんごろに煮て彼岸入
                  細見綾子


  人界のともしび赤き彼岸かな
                  相馬遷子

 

※ 彼岸
 春分秋分を中日として、その前後各三日すなわち七日間を、春・秋の彼岸の節とする。春は三月十八日ごろ、秋は九月二十一日ごろが彼岸の入りで、その日から彼岸となる。俳句では彼岸といえば春の彼岸を指し、秋のそれは秋彼岸と呼んで区別している。≪暑さ寒さも彼岸まで≫というように、春暖の気が定まり、宗教上の諸行事が賑やかになる。


【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】

 


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

 

 


       ※☆*わが友に贈る*☆※


  動けば動くほど
  語れば語るほど
  広布は無限に広がる。
  いよいよの信心で
  わが新記録へ挑め!

        2017年3月17日

 

 

       ※☆*寸 鉄*☆※


 東西創価学園で卒業式。創立者との誓い胸に羽ばたけ!負けじ魂燃やして
      ◇
 「師子の声には一切の獣・声を失ふ」御書。これ創価の言論!君よ正義を叫べ
      ◇
 願いは即座に実行に移さねばならぬ―詩人。強き祈りと迅速な行動で勝て
      ◇
 ガスの小売り自由化で便乗詐欺と。不審な電話・訪問者は警察へ。慌てるな
      ◇
 暗黒バイト被害が拡大。若者は社会の宝。情報の適正化等、公明が先導を

 

聖教新聞:2017年(平成29年)3月17日(金)付】

 

 

     ※☆*名字の言*※

 

野球のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、侍ジャパンの快進撃が目覚ましい。世界一奪還へ期待が膨らむ

各チームとも活躍が光るのは、やはり大リーガー。今でこそ人種も多様だが、70年前は白人選手しかいなかった。黒人初の大リーガーは、ドジャースジャッキー・ロビンソン。新人王・首位打者盗塁王・MVPなどに輝き、背番号「42」は全球団の永久欠番

数々の差別と罵詈罵倒にさらされた彼を、球団の会長らは支え続けた。会長は、差別する人に対して「不条理な悪口を口にすることで、むしろドジャースの三十人を結束させて、団結させてくれた」「最高の働きをしてくれた」と“感謝”していたことが、ロビンソンは忘れられなかった(宮川毅訳『ジャッキー・ロビンソン自伝』ベースボール・マガジン社

弘教の実践を貫いた草創の婦人部の先輩は、貧しい身なりを嘲笑され、行く先々で悪口を浴びた。だが「話を聞いてくださって、ありがとうございます」と頭を下げ、「宿命転換させてもらえるからありがたい」と感謝するのが常だった

苦難に感謝する――決して容易に言えることではない。それは“一人立つ”腹を決めた勇者のみぞ知る、誇り高い境涯。その心ありて、「歴史」は開かれる。(鉄)

 

 

聖教新聞:2017年(平成29年)3月17日(金)付】

 


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡