読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浩洋子の四季

古季語を探して、名句・秀句を紹介します。

球根植う/今日の俳句 ≪第2451号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20170325053913j:plain

 

 

≪2017年(平成29年)3月25日(土)≫(旧暦2/28)


  ふかぶかと百合植ゑつまらなくなりぬ
                    大木あまり


  みなどこか歪む球根植ゑにけり
                    片山由美子


  手にふれし芽を上むきにダリア植う
                    西垣 脩


  球根植う毛に蔽はれし神父の手
                    町垣鳴海


  芽の先をたしかめて秋の球根植う
                    乾 澄江

 

※ 球根植う
 春四月ごろ、ダリア・カンナ・グラジオラスなどの球根を庭の花壇などに植える。球根は、春咲きのものは六・七月ごろ、秋咲きのものは六・七月ごろ秋咲きは花が終わって葉が黄変した頃に掘り出し、冬の間、乾いた砂や籾殻と一緒に箱に入れて貯蔵してもよし。乾燥した場所に埋めて置くと一層よし。それらの大小を整理し、早春の頃から花壇などに植えるのである。秋植えのものにはユリ・ヒヤシンス・チューリップその他がある。

【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】

彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

 

 


       ※☆*わが友に贈る*☆※


  さあ 対話の春だ!
  相手の幸福を祈り
  情熱を込めて語ろう!
  「声も惜しまず」
  随力弘通の実践を!


        2017年3月25日

 


       ※☆*寸 鉄*☆※


 創大に「新寮」が誕生。学生第一の要塞から世界へ雄飛!英知錬磨の青春を
      ◇
 東京・江東「師弟勝利の原点の日」。滔々たる人材の大河。弛まぬ拡大を皆で
      ◇
 「名聞名利の風はげしく仏道修行の灯は消えやすし」御書。清新の心で挑め
      ◇
 生命の奥に染まった病は仏法でしか治せぬ―牧口先生。題目は最高の良薬
      ◇
 海洋生物の絶滅危惧56種を公表。自然破壊への警鐘。国境超えた取組急げ


聖教新聞:2017年(平成29年)3月25日(土)付】

 

 

     ※☆*名字の言*※


事故の後遺症で、声は出せても言葉にならない少女が、“一日だけ話せたら、したいこと”をつづったエッセーを読んだ。タイトルは「わたしの願い」(日本新聞協会発刊「HAPPY新聞」)

“お母さんに「ただいま!」って言う”“お父さんとお兄ちゃんに電話して、「早く帰ってきて」って言う”などの願いが並ぶ。そして、最後の一文に胸が締め付けられた。「家族みんなに『おやすみ』って言う/それで じゅうぶん」

人が心から望むもの。それは、ささやかでも、かけがえのないことに違いない。岩手県釜石市の中学校で行われた「東北希望コンサート」(民音などが主催)でのこと。同市出身の歌手が生徒らと、釜石と熊本の震災復興を願って、「釜石、熊本に帰ったら〇〇したい」という内容の歌を作り、合唱した。その歌詞も、“よく遊んだ公園から夕日を見たい”“母校に行ってみたい”というものだった

以前、「震災後、希望を持てた転換点は?」と取材した際、多くの友の答えが重なった。「聖教新聞で池田先生の指導を学べた時」「御本尊の前で勤行できた時」「座談会で皆に会えた時」……

決して仰々しくはない小さなことにも、大きな幸せの因は宿る。それを知り、感謝できる人が、本物の幸福を手にする。(城)


聖教新聞:2017年(平成29年)3月25日(土)付】

 


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

小説「新・人間革命」雌伏

 

雌伏 二 法悟空 内田健一郎 画 (6030)


 山本伸一は、学会本部に行くことを、なるべく控えるようにしていた。
 会長になった十条潔たちに、思う存分、指揮を執ってほしかったし、自分が本部にいることによって、ついつい皆が頼ってしまうようになることを避けたかったのである。
 伸一の最大の願いは、後を託した首脳たちが、創価の師弟の大精神を受け継ぎ、すべて自分たちの力で学会の運営や会員の指導にあたり、広宣流布の使命と責任を果たしていくことであった。また、次代を担う青年たちの成長であった。
 彼は、深い祈りを捧げながら、「獅子の子落とし」の言い伝えを思い起こした。獅子は、子が生まれると深い谷底に突き落とし、生き抜いたものを育てるとの俗説がある。あえてわが子に、大成のために試練を与えることを意味するが、今、彼も、同じ思いで、後継の奮闘を見守っていたのである。
 週刊誌などのマスコミは、毎週のように伸一の会長辞任などを取り上げ、囂しかった。学会批判を繰り返してきた評論家らが登場し、学会は滅亡に向かうといった、邪推に基づく無責任な報道も続いていた。
 そのなかで彼は、神奈川文化会館で、立川文化会館で、静岡研修道場で、行く先々で学会員の姿を見ると声をかけ、激励を重ねていった。記念のカメラにも納まった。
 何があろうが、広宣流布の軌道を外さず、自ら定めたことを、日々、黙々と実行していく――まさに太陽の運行のごとき前進のなかにこそ、人生の栄光も広布の勝利もある。
 五月十一日、伸一は、立川文化会館で、日天、月天と対話する思いで、詩を詠んだ。
   
 西に 満々たる夕日
 東に 満月 煌々たり
 天空は 薄暮 爽やか
 この一瞬の静寂
 元初の生命の一幅の絵画
 我が境涯も又
 自在無礙に相似たり

 

【「聖教新聞」2017年(平成29年)3月25日より転載】

 

 

 

☆彡------☆★☆★☆*------彡☆o☆:*:.♪☆★☆*------☆彡

 

木の実植う/今日の俳句 ≪第2450号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20170324045700j:plain

≪2017年(平成29年)3月24日(金)≫(旧暦2/27)


  我山に我れ木の実植う他を知らず
                 西山泊雲


  木の実植う土に埋もれさうに婆
                 佐野美智


  木の実植う紀伊の岬の明るさに
                 河野青葉


  終日植ゑてあまし丶木の実かな
                 尾崎迷堂


  人を恋ふ櫃の実なれば植ゑにけり
                 橋本鶏二


※ 木の実植う
 山林に栽培する栗・楢・樫・檜・桐・などの木の実を苗床に蒔くことをいう。一定の大きさに生育してから、それらの木は山林に移植される。種子の小さいもの、杉の種子や松の実などは木の実蒔くという。春の彼岸ごろの農事である。

【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】

 

彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

 

 


       ※☆*わが友に贈る*☆※


  仏法は「桜梅桃李」。
  人と比べる必要はない。
  焦らず着実に進もう!
  どこまでも自分らしく
  使命の花を咲かせゆけ!

        2017年3月24日

 


       ※☆*寸 鉄*☆※

 

 SGIは、地球に人道の光を広げる人類の希望―文豪。平和と共生の光源
      ◇
 福井師弟原点の日。常勝関西の“北の砦”。愛する郷土に対話拡大の春風を
      ◇
 人のために火をともせば・我がまへ明らか―御書貢献的人生を朗らかに!
      ◇
 不幸の最大の原因は嫉み―哲人。愚痴や怨嫉は損。感謝の心で幸の道を前進
      ◇
 幸福度1位はノルウェー将来世代への投資等が因と。母子が輝く社会こそ

 

聖教新聞:2017年(平成29年)3月24日(金)付】

 

 

     ※☆*名字の言*※


奈良時代歌人山上憶良が詠んだ長歌がある。「瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ……」(『万葉集(二)』岩波文庫)。おいしい瓜や栗を食べると、子どものことが思い出されて仕方がない。“わが子にやれば、どれほど喜ぶだろう”と。子を愛する親の情に、今も昔もない。家族の絆は強く、固い

今春、創価大学に進学する青年から体験を聞いた。昨年、受験に失敗。やけになって生活が荒れた。そんな彼に周囲も失望の様子。だが、母は「誰が見放したって私は信じるよ」と。寡黙な父も「息子と俺は運命共同体」と語った。祈り続ける両親の姿から、痛いほど愛情が伝わってきた。そして、彼は奮起した

御書に「木をうえ候には大風吹き候へどもつよきすけをかひぬれば・たうれず」(1468ページ)と。何があろうと信じ、期待し続けてくれる存在があれば、人は強く生きられる

進学や就職で巣立つ人、思いかなわず再挑戦する人……。“若木”たちの心が揺れ動く季節である。皆が自信を持って伸びゆけるよう、親や地域の友が“祈りの大地”となり、“励ましの光”を送りたい

憶良は、先の長歌反歌を添えた。「銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」。この世界に、子らに優る宝などない、と。(誠)


聖教新聞:2017年(平成29年)3月24日(金)付】

 


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

小説「新・人間革命」雌伏

 

雌伏 一 法悟空 内田健一郎 画 (6029)


 さあ、対話をしよう!
 友の眼に秘められた
 哀しみ、苦しみを見すえ、
 ためらいの言葉に耳をそばだて、
 勇気を奮い起こして
 励ましの対話を始めよう!
 同苦の腕を広げ、
 弾む生命で、
 希望と正義の哲学を語ろう!
 ほとばしる情熱と
 金剛の確信をもって、
 忍耐強く、
 共感の調べを奏でよう!
   
 さあ、対話を続けよう!
 一個の人間に
 内在する力は無限だ!
 一人の発心は、
 友から友へと
 蘇生の波を広げ、
 やがて万波を呼び起こす。
 「一は万が母」(御書四九八ページ)と。
    
 われらは、
 対話をもって
 人びとの心田に幸福の種子を植え、
 この世の尊き使命を呼び覚ます。
 対話をもって
 心をつなぎ、世界を結び、
 難攻不落の
 恒久平和の城塞を築く。
 さあ、今日も、対話を進めよう!
   
 第三代会長を辞任し、名誉会長になった山本伸一は、一九七九年(昭和五十四年)五月三日の本部総会で、十条潔新会長のもと、新体制がスタートしたことを見届けると、世界広布の新しい雄飛のために行動を開始した。同志との励ましの対話に徹し、また、世界平和への流れを開くために、各国の大使や識者らとの語らいに努めた。
 対話の力こそが、時代を開く平和力となる。

 

【「聖教新聞」2017年(平成29年)3月24日より転載】

 

 

 

☆彡------☆★☆★☆*------彡☆o☆:*:.♪☆★☆*------☆彡

 

苗床/今日の俳句 ≪第2449号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20170323045519j:plain

 

≪2017年(平成29年)3月23日(木)≫(旧暦2/26)


  苗障子煉瓦一個づつで押さふ
                 加倉井秋を


  覗きたく近づいてゆく苗障子
                 大石悦子


  苗障子一枚づつの世界かな
                 西本一都


  あかつきの苗床は侏儒ひそみたる
                 中田 剛


  朝顔の苗床にノア方舟も
                 島津 亮

 

※ 苗床・温床・苗障子・種床・播床
 禾穀類・蔬菜類・花卉類など、はじめから種子を畑や庭に蒔くものもあるが、多くは苗床を作り、その種子をまいて苗を育成する。冷床と温床とがあり、朝顔の苗床のように、空箱を利用した簡単なものから、人工的醸温装置を設けた温床に至るまで様々なものがある。早春まだ寒さが厳しい時に種子をまく蔬菜類は、まわりを囲って風を防ぎ、保温のために、油紙・ガラス・ビニールなどで上を覆う。これを苗障子という。最近は保温には電灯を利用するが、もとは馬糞・藁・落ち葉などが用いられた。苗床の土は、厩の敷き藁・堆肥などを三〇センチ(約1尺)以上積み、土を10~15センチ(約4~5寸)重ねてその上に蒔いたものだが、これらも次第に変わりつつある。

【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

 

 


       ※☆*わが友に贈る*☆※


  一番大変なところに
  真っ先に駆け付ける!
  一番苦しんでいる人に
  真っ先に励ましを送る!
  迅速こそ信頼の源だ!

        2017年3月23日

 

 

       ※☆*寸 鉄*☆※


 学会の草の根運動こそ地に足の着いた平和行動―識者。心結ぶ対話、今日も
      ◇
 中部女性の日。婦女一体で使命のこの道を邁進。創価完勝の一番星と光れ
      ◇
 「忍辱を行ずるは瞋恚の病を除くなり」御書。粘り強く語れ!真心は伝わる
      ◇
 決意込めた題目をあげよ―戸田先生。わが一念を定めて。勝利を開く源泉
      ◇
 認知症の進行抑制、マウスで成功。新薬へ期待と。幸齢社会へ生き方探求も

 

聖教新聞:2017年(平成29年)3月23日(木)付】

 

 

     ※☆*名字の言*※


全国のトップを切って、東京でサクラの開花が発表された(21日)。標本木の花が5、6輪以上咲いた時に宣言される。3月中の寒の戻りなどによって花芽の生育が多少遅れることもあるが、これから順次、“桜前線”が列島を駆け抜ける

前年の夏に形成されるサクラの花芽。それ以降は新たに形成されることはなく、季節が移り変わる中で、休眠→休眠打破→生成と進む。これは四季の豊かな日本などで進化した種ならではのもの。江戸時代の『農業全書』にも「本朝の名木なれば、子を取り置きて必ずうゆべし」と特筆される

日蓮大聖人は「さくらはをもしろき物・木の中よりさきいづ」(御書1492ページ)と。ゴツゴツとした木から、美しい花が咲き出ずる桜をたとえに、凡夫の心からも、最極の仏の生命を涌現できると仰せだ

池田先生の桜への思いも深い。会長辞任直後の5月3日の模様が、小説『新・人間革命』につづられている。山本伸一は、万感の思いを込めて「大桜」と揮毫を。脇書には「わが友の功徳満開たれと祈りつつ」としたためた

爛漫の桜は、広布と人生の勝利の象徴にふさわしい。東京の開花が全国で最も早かったのは2008年以来、9年ぶり。広布の本陣・東京から“友情の対話前線”を大きく広げよう。(由)

 

聖教新聞:2017年(平成29年)3月23日(木)付】

 


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

小説「新・人間革命」

 

大山 六十八 法悟空 内田健一郎 画 (6028)


 漆黒の空が、次第に紫に変わり、うっすらと半島の稜線を浮かび上がらせる。やがて金の光が東の空に走り、海はキラキラと輝き、さわやかな五月の朝が明ける。
 五月五日、山本伸一は、神奈川文化会館から、夜明けの海を見ていた。この日は、「こどもの日」で国民の祝日であり、また、「創価学会後継者の日」である。
 伸一は、神奈川の幹部から、クルーザーを所有する地元の学会員の方が、横浜港周辺を案内したいと言ってくれていると聞き、三十分ほど、乗せてもらうことにした。船の名は「二十一世紀」号である。
 海から見た神奈川文化会館もまた、すばらしかった。この海は太平洋につながっているのだと思うと、二十一世紀の世界広布の大海原が見える気がした。彼の胸は躍った。
 伸一は、前日の四日には、神奈川県の功労者の代表と懇談し、この五日も、草創の向島支部、城東支部の代表からなる向島会、城東会のメンバーと語り合い、敢闘の労をねぎらった。功労者を中心とした伸一の激励の車輪は、既に勢いよく回転を開始していたのだ。
 彼は、できることなら、二十一世紀を担う後継の青年部、未来部の集いにも出席し、全精魂を注いで励ましたかった。また、神奈川文化会館の前にある山下公園には、連日、多くの学会員が集って来た。そうした同志と会合をもち、力の限り、讃えたかった。しかし、今、それは許されなかった。
 “ならば、未来、永遠にわたる創価の魂を、後継の弟子たちに形として残そう!”
 この日、彼は、広宣流布の師匠・戸田城聖の真正の弟子として、わが誓いを筆に託して、一気呵成に認めた。
 「正義」――その右下には、「われ一人正義の旗持つ也」と記した。
 “いよいよ本当の勝負だ! いかなる立場になろうが、私は断じて戦う。たった一人になっても。師弟不二の心で断固として勝利してみせる。正義とは、どこまでも広宣流布の大道を進み抜くことだ!” (この章終わり)


【「聖教新聞」2017年(平成29年)3月23日より転載】

 

 

 

☆彡------☆★☆★☆*------彡☆o☆:*:.♪☆★☆*------☆彡

 

花種蒔く/今日の俳句 ≪第2448号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20170322045110j:plain

 

 

 

≪2017年(平成29年)3月22日(水)≫(旧暦2/25)


  花種蒔く土の眠りを覚しつつ
                  古賀まり子


  尼ひとり花種播きし手のひかる
                  星野麦丘人


  青き花の種子さらさらと傷みに播く
                  文挟夫佐恵


  花種を蒔いて忘るる昇給差
                  白川京子


  女房が花種探し蒔きにけり
                  細谷緋呂美


※ 春の彼岸前後、土が暖かくなったころに、夏または秋に咲く草花の種子を蒔く。花壇や土鉢・カラ箱などに、好きな種を蒔いて、芽が出るのを待つ気持ちは格別である。直接生育させる場所に、初めから蒔くのを直まき、特別に苗を育てるために蒔き床を作ってする床まきなどの区別があるが、家庭では鉢や箱に土を入れてまきつける簡単な鉢まきが多い。

【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 

 

 


       ※☆*わが友に贈る*☆※


  生涯求道の賢者たる
  太陽会・敢闘会の皆様
  いつもありがとう!
  いよいよの心意気で
  黄金の自分史を共に!

        2017年3月22日

 

 

       ※☆*寸 鉄*☆※


 生命力と逞しき智慧なくして幸福は得られぬ―戸田先生。信心で引き出せ
      ◇
 関西男子部の日。常勝魂を継ぐ若武者よ!全同志の模範たる拡大劇を綴れ
      ◇
 小事に喜びを感じる人は大事を成し遂げる―文豪一度の対話・激励に全力
      ◇
 米国が過去の核実験映像を公開。凄まじい破壊力。廃絶こそ恒久平和への道
      ◇
 世界の気温、3年連続で最高を更新。地球環境に目を向け足元から行動を

 

聖教新聞:2017年(平成29年)3月22日(水)付】

 

 

     ※☆*名字の言*※


街や駅構内など、至る所で見かける“黄色い道しるべ”。この点字ブロック第1号が岡山市に敷設されてから、今月で50周年を迎えた

考案者は同市の実業家で、発明家としても活動していた三宅精一氏。きっかけは路上で遭遇した、ある出来事だった。道路を横断する一人の視覚障がい者。そのすぐ横を、自動車が勢いよく走り去った。一歩間違えれば大惨事だ。視覚障がい者が街を安全に歩くためにはどうすればいいか――氏は真剣に考え始めた

ヒントは、目が不自由な友人の“コケと土の境は、靴を通して分かる”との一言だったという。ここから、地面に突起物を配置し、足元から危険を知らせることを発案する。当事者の意見を丹念に聞き、形状・配列・寸法などを工夫。試行錯誤の末、完成にこぎ着けた。その後、全国で需要が拡大。点字ブロックは現在、世界の多くの国々でも活用される

かつて戸田先生は「その人のためにどうしてあげたらいいか。その慈悲から、一つ一つ具体的な智慧が生まれる」と教えた。人生の万般に通じる視点であろう

「目の前の一人を救いたい」との深い祈りから、無限の知恵が湧く。人生の岐路で道に迷い、悩む友がいるならば、その足元を励ましの光で照らし、共に一歩を踏み出したい。(値)

 


聖教新聞:2017年(平成29年)3月22日(水)付】

 


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡