読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浩洋子の四季

古季語を探して、名句・秀句を紹介します。

白鳥/今日の俳句 ≪第2351号≫

f:id:knowinglykunchangtan:20161215052750j:plain

≪2016年(平成28年)12月15日(木)≫(旧暦11/17)

 白鳥の声のなかなる入日かな

             桂信子

 

 八雲わけ大白鳥の行方かな

             沢木欣一

 

 白鳥に到る暮色を見とどけし

             細見綾子

 

 白鳥のゐてたそがれの深くあり

             平井照敏

 

 白鳥の首やはらかく混み合へり

             小島健


※ 白鳥・スワン・鵠(くぐひ)・大白鳥・黒鳥。
 ガンカモ科の大型の水鳥で、大白鳥や小白鳥などの種類がある。嘴と脚を除き全身純白で、上品な雰囲気が漂う。夏、ユーラシア大陸北方で繁殖し、冬、日本に渡ってきて湖などに棲む。新潟県猪苗代湖島根県宍道湖などにも小白鳥の群れを見ることができる。

【「俳句歳時記・第3巻/角川書店」より転載】

 

彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡

 


       ※☆*わが友に贈る*☆※


  青年を育てよう!
  まず信じて託すことだ。
  共に祈り 動くことだ。
  「責任感」ち「安心感」が
  可能性を開く力になる!


2016年12月15日

 


       ※☆*寸 鉄*☆※


 「仏の如く互に敬うべし」御書。各地で健闘讃える座談会。団結固く明年へ
      ◇
 人間の持つ最も大切な宝は希望―哲人。信心こそ幸福への指標。祈り強く
      ◇
 年賀状の受け付け開始。一葉に真心込めて。旧交を温め、友情育む好機に
      ◇
 日本でのいじめ、無視や陰口が多い―調査。まず大人社会の歪みから変革
      ◇
 組織での忘年会・新年会は厳禁。不信と事故の因。安易に信仰の世界崩すな

 

聖教新聞:2016年(平成28年)12月15日(木)≫付】

 

 

      ※☆*名字の言*※


今年も話題を集めたプロ野球大谷翔平選手(北海道日本ハムファイターズ)。彼の代名詞「二刀流」は、「両方やればいいのに」という、母の一言がきっかけで生まれた

高校球児だった大谷選手は「(プロは)死にもの狂いでポジションを奪おうとしている世界」「どっちもやりたいなんて、やってる人に失礼だよ」と(「週刊ベースボール」2月20日増刊号)。今では大リーグも注目する二刀流も、初めは、本人すら思いもしない挑戦だった

4個のリンゴを3人で均等に分けてください――分数の授業で、小学生が「ミキサーで全部ジュースにして、仲良く分けます」と答えた。教育部員が「立派な正解です。先入観がないことは、可能性に満ちています」と言っていた

前例を踏まえ、論理を積み上げる「垂直思考」に対し、既成概念にとらわれず、新しい角度から考えることを「水平思考」という。両者が相まってこそ、思考は立体的となり、革新と飛躍を生み出す力となる

「日は西より出づるとも・法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず」(御書1352ページ)。「どうせ無理」と決めつける“常識の壁”を劇的に打ち破る。思いもしなかった自分へと己を高め、変革しゆく。我らの祈りは、その挑戦の営みである。(鉄)


聖教新聞:2016年(平成28年)12月15日(木)≫付】

 

彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡